交通事故後の病院と整骨院の上手な通院方法

  • 痛み止めと湿布を続けているが、よくならない
  • 病院ではレントゲンに異常なかったが、体に不調がある
  • 病院では、整骨院に通ってはいけないと言われた
  • 家から病院のリハビリに通うのが大変
  • 整骨院と病院のいいところを把握した上で治療をしたい

整形外科と整骨院の違い

交通事故治療は、整形外科でするものだと思っている方がまだまだ多いのが現状です。

整骨院でも自賠責保険を使って治療が可能です。

それぞれの違いを理解することで、貴方の要望に合わせて円滑に交通事故治療を進めることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<整形外科だからできること>

整形外科ではレントゲン・MRIの検査を受けることができます。

交通事故によって骨折はしていないか?(レントゲン)

筋肉や神経、脳を損傷していないか?(MRI、CT)を調べることが可能です。

また、検査の結果からどんな怪我だったのかを書いてもらう診断書を発行することができます。

診断書があることで、その障害に応じた自賠責保険や任意保険を使って治療を受けることができます。

痛み止めの薬や湿布、コルセットを処方してくれます。

院によっては、リハビリがあり理学療法士や柔道整復師がむち打ちの施術を行っている場合もあります。

 

<整骨院でできること>

整骨院では、整形外科のように診断書を作成したり、レントゲンやMRI検査をすることができません。

整骨院では痛み止めを使用するのではなく、身体の構造を理解した上で評価、検査を行い

原因を見つけ出して、一人一人にあった治療を行います。

また、痛み止めでよくならない不調や、整形外科に通っていてもなかなか良くならない不調は整骨院での施術が望ましいです。

早期回復を目指している方は、自分の痛みや不調に合わせてどちらとも通うこともできます。

整形外科と整骨院の生かした通院方法

整形外科、整骨院のメリットを生かして通院することにより、早期回復に繋がります。

整形外科では、定期的にレントゲンを撮って経過観察をしてもらい、整骨院では、手技や電気療法、温熱療法などを受けることで、より早期回復が可能になります。

 

アーク鍼灸整骨院で提供できること

交通事故で大事なことは「少しでも早く適切な治療を開始する事」「症状が完治するまで、きちんと治療される事」をおすすめ致します。

交通事故のケガは、なるべく早く施術を始めることが回復までの道のりに影響します。

当整骨院では、『骨格調整』『深層筋調整』『鍼灸』を組み合わせた施術を行います。

・痛みの早期回復

・痛みの再発予防

・動作、機能の最適化

を通して、元の状態より良い状態を目指しています。

そこで大切なのが、『検査』です。

当整骨院では、多面的な検査を行い、痛みの原因を特定します。

お一人おひとりの痛みの原因をしっかりと特定することで、その方に合わせた施術でアプローチできることが強みです。

カウンセリング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原因となるものが、筋肉だけでなく関節の動きや、全身の筋膜の問題によって起こることが多いので一つだけのアプローチではなく、関節と筋膜を複合的に組み合わせたアプローチを行うことで回復が早くなり、元の状態よりもさらに良い状態になることができます。

アーク鍼灸整骨院では、体に対する施術はもちろん、事故後の手続きなどでわからないこと・自賠責保険の仕組みなどについて丁寧に説明させていただき、交通事故にあわれた方が十分な補償を受け早期に元の生活に復帰できるようサポートしております。

交通事故にあってしまった場合はお気軽にご相談ください。