外側上顆炎(テニス肘)

  • 荷物を持ち上げるとき痛い
  • キャップを開けれない
  • テニスのバックハンドで痛みがでる
  • 長時間のパソコン作業で肘に痛みが出る

どうして痛みが出るのか?

テニス肘を発症する原因は、30〜50代以降のテニスを行う方に発症例が多いため、ラケットを振ったりボールを打つ動作をくり返す「使い過ぎ症候群」が原因ではないかと言われています。

また、運搬業など重い荷物を運ぶ方や、料理人や建築業といった手首や肘を使う作業が多い方に発生します。

 

テニスでボールを打つ動作は、フォアハンドストロークとバックハンドストロークで異なります。

テニス肘の疼痛は特に、バックハンドストロークで著明に出現します。インパクトの際に、ボールから強い掌屈力を受けます。そのため、掌屈力に打ち勝つためには強い背屈力が必要になります。この背屈に作用するのが前腕伸筋群でここに強い負荷が加わると肘の外側に痛みがでます。

どうしてパソコン作業で痛みが出るのか?

パソコンのキーボードを打つ動作では、指の細かい筋肉を使います。

そこで、指の関節は屈曲位となるため主に作用するのが、浅指屈筋と深指屈筋です。この2つの筋肉は、外側上顆には起始しないためストレスは加わりません。

しかし、この2つの筋肉を有効に働かせるためには手関節の背屈位が必要になります。そこで背屈位を保つには前腕伸筋群が働かないといけません。長時間背屈位だと、前腕伸筋群の緊張が高まり痛みが生じます。

 

なので、重い物を持つ作業をしていない方でも痛みが生じることがありますので

注意が必要です。

アーク鍼灸整骨院で提供できること

アーク鍼灸整骨院では、カウンセリング・検査を十分に行い、その状態により治療法を選択しています。

まず、急性期で痛みが強く夜もズキズキする状態や少しの動作でも痛みがある場合は、ハイボルト療法をさせていただきます。ハイボルト療法は、特殊な電気になっており、除痛の効果がとても高く、即効性があります。また、マイクロカレント療法とアイシングを組み合わせたてより痛みを取り除く治療をします。

またテニス肘は、普段の体の使い方に偏りがあると歪みが出てバランスも悪くなるので、肘まわりだけでなく肩まわりや首周辺まで治療を行う全身調整を行います。

決してボキボキするような矯正ではないので、安心してください。

最後は正しい使い方の指導やエクササイズをお伝えいたします。

 

外側上顆炎(テニス肘)の早期改善には、早期の治療が重要です。

少しでも肘まわりに違和感があれば、アーク鍼灸整骨院へお越しください。