ばね指

  • 子どもを抱っこすると痛い
  • 指の付け根の痛み
  • グーの形(こぶしを握る)から手を開いたときに、かっくんと遅れて伸びるような状態
  • デスク業務後の指のこわばり
  • キーボードを打つ手が痛い

バネ指とは

バネ指は腱鞘炎の一種です。

主な原因は手首、手指の使いすぎによるものがほとんどです。

腱鞘とは、骨と筋肉を繋ぐ腱がスムーズに動くように健を包んでいる組織です。そこが使いすぎで腱鞘と腱が擦れあって炎症を引き起こし、痛みや腫れが出現します。

スポーツやパソコン作業、最近ではスマートフォンの長時間の利用などで手首や手指をよく使う方がなりやすいと言われています

バネ指の主症状

グーの形にして(こぶしを握って)手を開いたときに、かっくんと遅れて伸びるような状態になります。

 

病状が進行すれば、指の付け根に痛みを伴います。

どの指にもなりますが、親指が最も多く、中指や薬指がそれに続きます。重症になると、自力では伸ばすことができなくなります。

指を伸ばす側に発症することもあります。

バネ指はアーク鍼灸整骨院にお任せ下さい

この症状が出現した場合は、原因となる動作を制限し安静にすることが一番です。

患部が炎症を起こし、熱を持っている場合は、アイシングが必要になります。

また、日常生活上で手首・手指を安静にすることは難しく無意識で動かしてしまうので、テーピングやサポーターの使用が効果的になります。

アーク鍼灸整骨院では痛みを誘発している筋肉や腱、腱鞘に対してのハイボルト治療や患部への負担を減らすために全身を治療して痛みの軽減を行います。