腱板損傷

肩こりの女性

  • 夜中、肩が痛くて寝れない
  • 腕をあげることができない
  • 安静にしていてもうずくような痛みがある
  • 肩を動かそうとしたら痛みで動かせない
  • 肩から腕にかけてだるさがある

腱板損傷とは?

肩関節を支えている4つの回旋筋(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)の腱ことを回旋筋腱といい、腱板損傷はそれが断裂、または損傷した状態のことをいいます。

若年のスポーツ選手にもまれにみられますがそこまで多くなく、不全断裂になることがあります。

高齢者になると腱の部分が変性し、完全断裂することが多いです。

また、事故による外傷で発症することもあります。

 

受傷直後は、腱板の断裂による炎症により、安静時痛や夜間時痛があります。

「夜痛みで眠れない」と言われる人が多いです。日が経つにつれて炎症は落ち着きますが、肩峰下インピンジメントによる痛みやひっかかり感、また脱力現象などの機能不全があります。

五十肩のような、肩の可動域制限などはないが、肩を挙げる時に力が入らなかったり、挙げる際に痛みがでたりします。

腱板損傷の検査法

腱板損傷の確定診断はMRIによって診断されます。

<徒手的検査法>

腱板の機能が低下してれば、肩関節の自動挙上運動は困難になります。

empty can test

空き缶を持つ肢位で、前腕回内位・肩関節内旋位で外転位を保持させ抵抗を加えるテスト。

 

full can test

中身の入った缶を持つような肢位で、前腕回外位・肩関節外旋位で外転を保持させて抵抗を加えるテスト。

 

どちらの検査も肩関節を外転位に保持させることで腱板筋の収縮を促すため、

腱板筋を損傷があると痛みが生じます。

 

アーク鍼灸整骨院で提供できること

アーク鍼灸整骨院では、カウンセリング・検査を十分に行い、その状態により治療法を選択しています。

まず、急性期で痛みが強く夜が眠れない状態や動かすことも困難な場合は、ハイボルト療法をさせていただきます。ハイボルト療法は、特殊な電気になっており、除痛の効果がとても高く、即効性があります。また、マイクロカレント療法とアイシングを組み合わせたてより痛みを取り除く治療をします。

やはり腱板損傷は、普段の体の使い方に偏りがあると歪みが出てバランスも悪くなるので、全身調整を行います。

決してボキボキするような矯正ではないので、安心してください。

腱板損傷していると肩関節の周囲筋が衰えてきますので、EMSを使ってインナーマッスルを強化していきます。

腱板損傷の早期改善には、早期の治療が重要です。

少しでも違和感があれば、アーク鍼灸整骨院へお越しください。