産後骨盤矯正

  • 出産してから腰痛がひどくなった
  • 産前のズボンが履けなくなった
  • 尿漏れや恥骨痛で悩んでいる
  • 股関節も痛い
  • 骨盤の歪みが気になる

出産後に産後骨盤矯正が必要な理由

妊娠中はお腹の中で約10ヶ月間赤ちゃんを育み命を支えるため、反り腰が続き腰痛を感じておられる方は沢山いらっしゃいますよね。

妊娠中も体の不調を抱えていたのに、産後も不調は減るどころか増えていきます。

それは、出産におけるホルモンの作用により、骨盤や関節が緩んだり歪んでしまうからです。

出産により骨盤は広がるので、産前には感じなかった恥骨痛や尿漏れ、下半身太りなどの体型の変化など、産後のママの身体はさらにハードな環境になっていきます。

さらには、冷えやむくみ、腱鞘炎、疲れやすいなどといった不調に見舞われがちです。

それもそうです、妊娠で運動ができなかったこともあり、身体のインナーは特に筋力不足で疲れやすいお体になってしまっています。

様々なトラブルで悩まれているママは本当にたくさんいらっしゃいます。

アーク鍼灸整骨院では、産後はそんな疲れた身体と心をリセットする最適なタイミングであると考えております。

 

産後に骨盤が歪む原理

先ほどもお伝えしましたが、妊娠と同時に赤ちゃんが産道を通りやすくする為、「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

このホルモンは骨盤を支えている靭帯を緩め骨盤を大きく広げます。

この作用は、出産を終えて数ヶ月かけてなくなりますが、骨盤が歪んだり開いたままにしてしまっていると、身体全体のバランスが崩れ筋肉に負担がかかり不調のきっかけとなります。

また、骨盤の歪みにより内臓も下垂しているので、血液やリンパの流れが悪く内臓機能も低下します。

さらに、冷えから代謝機能が悪くなり、下半身ばかりに脂肪がつきやすくこれが下半身太りの要因となります。

産後、骨盤が歪んだままだとどうなるの?

pastedGraphic.png

赤ちゃんと対面して幸せな時間は束の間、24時間体制で子育てが始まります。授乳やおむつ替え、抱っこ、歩きながらや揺らしながらの寝かしつけ。

歪んだ骨盤で無理な姿勢で続ける育児は、身体に大きな負担がかかります。

でも、家事や育児に一生懸命で自分の身体の事は後回しになってしまいますよね。

しかし、歪みをそのままにしておくと、腰痛や肩こりはもちろん、我慢が難しいような尿漏れや恥骨痛、産前のスタイルに戻れなくて自信がなくなった、と辛いお悩みに発展していきます。骨盤が正されるとそういったお悩みからは解放されますから、

産後の骨盤矯正は、必ずしていただいたほうがいい!と当院では強く薦めております。

アーク鍼灸整骨院の産後骨盤矯正とは?

腰への施術

当院では、まずどのような痛みがあり、どのようなお悩みを抱えているのか、詳しくカウンセリング&身体全体の歪みを確認します。

その結果を踏まえて、その方に応じた矯正と調整をしながら、身体の歪みを丁寧に調整し身体に負担をかけない状態へと整えていきます。

当院の産後骨盤矯正は、産後一か月から受けて頂けます。

当院での手技や、改善するための考え方

当院では全身骨格調整というボキボキしない手技で、デリケートな産後の身体への負担を最小限に調整していきます。まずは表面にある筋肉から柔らかくしていき、さらにもっと奥深い深層筋をほぐしていきます。

こうすることにより、骨盤の歪みの原因となっている凝り固まった筋肉がしっかりほぐれます。

また、産後はインナーマッスルを鍛えることがオススメです

 

産後は筋力が落ちてしまっている状態です。

インナーマッスルを鍛えると、筋肉・骨格が正しい位置をしっかりと記憶し、身体に負担がかからない姿勢を維持できるようになります。

当院では、骨盤矯正と複合高周波EMSのセットをご提供しております。

インナーマッスルは自分ではなかなか鍛えることが難しいものですが、簡単に鍛えることが出来る当院のEMSでは、寝たまま効率よく鍛えることが可能です。

産後の痛みや不調は、我慢しないでください。

一人目の時にできなかったという方、2人目を望んでいるという方も、受けて頂く事は可能です。

是非、産後骨盤矯正はアーク鍼灸整骨院にお任せください!