ランニングによる障害・ケガ

  • 運動後にストレッチをしない
  • 準備運動なしで走る
  • 長時間カラダに負荷がかかる運動をする
  • 痛みがあるがほっといている
  • 痛みや違和感があって最高のパフォーマンスができない

その痛みもしかしたら重傷化してしまうかも、、、

ランナーに多い障害・ケガってどんなものがあるの?

疲労骨折

例えば

・踵骨疲労骨折

・舟状骨疲労骨折

・中足骨疲労骨折

 疲労骨折は一発の強い力によって骨折するものと違って、ランニングやジャンプ動作などの

体に小さな負荷がコツコツ加わる事で発生します。

 

 特に第5中足骨近位骨幹部骨折(ジョーンズ骨折)と呼ばれる足の小指の付け根の骨折は

なかなか治癒しにくいため手術になることがあります。

 

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

 ランニングやジャンプの繰り返しや足首の運動を繰り返し行うことで脛骨(スネの骨)の

内側に痛みが発生します。

 原因として扁平足になっている方や後脛骨筋(ふくらはぎの深部の筋肉)が

原因になっている事が多いです。

 

足底腱膜(そくていけんまく)炎

 長距離ランナーに多く、バレーボールやバスケットボール選手などの跳躍競技の選手にも

発症しやすいです。

  症状としては

   ・カカトが地面に着いた瞬間に痛い

   ・地面を蹴り出すとズキッと鋭い痛みがある

などの足裏に痛みを訴える事が多くあります。また、症状が進行すると

踵骨(カカトの骨)に骨棘(トゲ)ができてしまい周囲の組織を攻撃して痛みを増加させて

しまうこともあります。

 

腸脛靭帯(ちょうけい じんたい)炎

 腸脛靭帯(太ももの外側の靭帯)と大腿骨(太ももの骨)の隆起部に過度の摩擦ストレスが

加わって痛みが発生します。陸上選手に多く、原因としては膝の歪みや大腿骨、脛骨の歪み

他にも使いすぎ(オーバーワーク)も考えられます。

 

鵞足(がそく)炎

 鵞足と呼ばれる膝の内側の部分の炎症の事を鵞足炎と言います。

鵞足には薄筋、半腱様筋、縫工筋という3つの筋肉が付着しておりこれらの筋肉が

硬くなってしまったり、脛骨(スネの骨)が外側に捻れてしまっている方に多いです。

もし、症状を疑う時は!!

当院に来られる患者様でこの様な事をおっしゃる方がいます。

 

”病院で診断されたが『安静にしておけば治るよ』と湿布だけもらったが

痛みが引かない。”

 

これは当たり前です。

痛みが引かないのは 痛い場所だけに原因があるとは限らないからです!!!

 

同じランナーでも痛くなる方もいれば、全く痛くならない方もいます。

その方達の違いは何でしょうか?

 

走り方? 体重? 練習時間? ストレッチ不足?など原因は人それぞれです。

 

アーク鍼灸整骨院では患者様一人一人の日常生活をしっかり考え早期改善を

目指して治療します!自分史上最高のパフォーマンスを発揮するサポートを

させていただきます。

 

 

 

治療はどんなことをするのか?

アーク鍼灸整骨院でのランニング障害の治療には段階があります。

炎症期

まずは、痛みを軽減させる事が最重要です。

・アイシング

・ハイボルト治療

・超音波治療

・徒手療法

などを行い痛みを軽減させる治療を行います。

 

回復期

痛みが軽減され、日常生活に影響がなくなってきたら痛みの根本原因である

筋肉の硬さや骨の歪み、走り方などの治療を行います

・電気治療

・徒手療法

・ストレッチ指導

・運動指導

 

パフォーマンスアップ期

アーク鍼灸整骨院では痛みがある状態(マイナス)から元の状態の(ゼロ)に戻すだけでなく

パフォーマンスアップの状態(プラス)までの治療を行います。

当院のスッタフは施術だけでなくスポーツ現場でのトレーナー活動経験も豊富ですので

患者様の競技特性や悩みに合わせた運動指導を行う事ができます!!

 

ここでは徒手療法、電気療法、運動指導だけでなくEMSといった筋力強化を行うことのできる

特殊な電気を使用したりしてさらに良い状態にして行きます。

 

”ケガをする前よりいい状態しかもケガをしにくい” 体を一緒に目指しましょう!!

 

痛みはないがパフォーマンスを上げたいという方も治療やトレーニングを受けることは

可能です!!

 

気になる方はアーク鍼灸整骨院までご連絡お待ちしております