足底腱膜炎

走る男性

  • どこに行っても治らない足の痛み
  • 起床時に足裏が痛む
  • ランニングやウォーキング後に足が痛い
  • かかとを地面に着くと痛い
  • 足の裏にハリ感がある

足底腱膜炎とは

足底腱膜炎とは?

長時間の立位や歩行、ランニングなど足底に負担の加わる動作を過剰に繰り返しことにより 足底腱膜に炎症が生じ、踵(かかと)の内側前方から中央にかけて痛みが生じます。

この症状が足底腱膜炎であり、特徴的な傾向として、

「起床時の歩き出し時に足の裏に痛みが生じる」「しばらく歩いていると痛みがなくなる」 カウンセリングなどがあげられます。

足底腱膜ってなに?

足底腱膜は足の指の付け根から踵(かかと)の骨まで、足の裏に張られている強靭な腱の膜です。

 

その主な役割は、

・足の甲の骨(アーチ状になって体重を支えている)を支えること

・歩行・ランニングにおいて、地面と足部の衝撃を和らげるクッションになります。

アーク鍼灸整骨院での足底腱膜炎の治療

アーク鍼灸整骨院では足底腱膜炎の患者様に対して

患部の炎症に対してのハイボルト治療、超音波治療、アイシングなどの物理療法や

患部外の足関節、膝関節、股関節など全身の筋・骨格の状態を把握し、

患者様一人一人にあった治療を行います。痛みがあるのは足裏かもしれませんが

患部外から足裏へ負担がかかって症状が進行している可能性もあるので全身を見て行く

必要があります。

 

気になることがある際はアーク鍼灸整骨院の方までご連絡下さい!!!