腰椎分離症

  • 慢性的な腰痛がある
  • お尻から足にかけて痺れている
  • 腰を反らすと痛い
  • 周囲の人から坐骨神経痛と言われる
  • 長い距離を歩けない

腰椎分離症とは?

腰椎分離症は運動に関連して発症することが多く、スポーツをしている子供に多く起こる病気です。
一般の人では5%程度に分離症の人がいますが、スポーツ選手では30%~40%の人が分離症になっています。ジャンプや腰を捻る運動を繰り返し行うことで腰椎(関節突起間部)に疲労骨折が生じて、腰椎分離症が引き起こされます。

腰椎分離症の症状

主な症状は腰痛ですが、臀部や太ももにも痛みが出ることがあります。また、腰を後ろに反らせたり、腰をひねったりすると痛みが誘発されます。安静時は痛みがないこともあるため、発症に気づかないケースも少なくありません。2週間以上痛みが続く場合は、腰椎分離症である可能性が高いでしょう。
発症したことに気づかず放置し、高齢になってから痛みが出始めるケースもあります。分離した部分の神経が圧迫されると、坐骨神経痛によって腰から下肢にかけて痛みとしびれが生じます。腰椎分離症を放置し、腰椎分離すべり症に進行すると、慢性的な腰痛や下肢のしびれなどが発生することが多くなります。

腰椎分離症がなかなか改善しない理由とは?

腰椎分離症は腰椎のいわゆる「骨折」です。CT検査やMRI検査では腰椎にヒビが入った「初期」、分離が増していく「進行期」、完全に分離した「終末期」と画像診断にて3段階に分類されます。初期および進行期は、保存療法によって骨癒合する可能性はあるが、終末期の場合は骨癒合はできません。いずれにせよ、症状を放置しておくと症状改善の可能性はなくなっていきますので注意が必要です。
一般的には、コルセットや痛み止め薬の服用、注射などの処置、2~3ヶ月運動を中止して処置を行います。

 

アーク鍼灸整骨院の腰椎分離症への施術

アーク鍼灸整骨院では最初に整形外科的検査を行い、症状の損傷段階を把握したうえで治療を開始します。また、姿勢評価と動作評価を行い膝、腰、骨盤、足関節の位置を把握した上で患者様に必要なメニューを選択し治療していきます。分離状態にはよりますが、腰椎にかかる負担軽減を目的にインナーマッスルの強化のためのEMS治療や治癒促進のための超音波治療、ハイボルテージ治療をおこないます。

カウンセリング