腱鞘炎

  • 指の付け根などに痛みや腫れがある
  • 手首を動かすと痛み、何をするにも辛い
  • 手が痛く、子どもを抱っこするのが辛い
  • 指がスムーズに動かない
  • 手に力が入らず、重いものが持てない

腱鞘炎でお悩みの方は、実は、たくさんいらっしゃいます。
近年、スマホやパソコンの普及で、特に増えてきています。
大したことはないとそのままにしておくと、痛みは強くなります。
ぜひ、お早めにアーク鍼灸整骨院にご相談ください。

腱鞘炎って何?

腱鞘炎とは、手首や指の付け根付近に痛みや腫れが現れる症状です。痛みの現れる箇所に
よって「ドケルバン病」「ばね指」などと呼び方が変わります。

主な原因は手首、手指の使いすぎによるものがほとんどです。

腱鞘とは、骨と筋肉を繋ぐ腱がスムーズに動くように健を包んでいる組織です。そこが使
いすぎで腱鞘と腱が擦れあって炎症を引き起こし、痛みや腫れが出現します。

スポーツやパソコン作業、最近ではスマートフォンの長時間の利用などで手首や手指をよ
く使う方がなりやすいと言われています。

また、妊娠、出産中や更年期で女性ホルモンの分泌の変化によっても起こりやすくなると
言われています。

スマホの長時間使用で、親指を酷使したことで起こることががあり、近年、この腱鞘炎に悩む方は増えています。

 

ド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

手首や親指の使いすぎによって、親指を伸ばしたり広げたりする働きをする腱が、それら
を包んでいる腱鞘との間に炎症を起こして生じる腱鞘炎です。

親指を動かすと、手首が痛み、また手の甲に腫れや痛みが起こるケースがあります。

赤ちゃんのいるお母さんにも多く見られ、乳児の頭を支える時や、抱っこの時に手首に力
が入り、それを長く続けていると起こります。

仕事や家事などで、手首や親指を、負担のかかる状態で使い続けても起こります。

ばね指(弾撥指)

仕事やスポーツなどで指を使い過ぎ(オーバーユース)ることにより起こる疾患です。

指の腱と腱を束ねている腱鞘とが擦れて炎症(痛み)を引き起こした状態にあります。
症状としては、指の曲げ伸ばしがしにくかったり、動かす際にカクカクとスムーズに動かせない状態になります。

腱鞘炎の症状

腱鞘炎は放っておくとドンドン悪化してしまい、日常生活にも支障をきたしてしまいます。最悪のケースでは手術を行うこともありますので、下記のような症状が現れた際にはお早めにアーク鍼灸整骨院へお越しください。

  • 手首に腫れや痛みがでる
  • 手首や親指の付け根に触れると痛い
  • 何をしていなくても、腕がジンジンする
  • パソコンのキーボードやマウスの操作で痛みが出る
  • ペットボトルの蓋が痛くて開けられない

アーク鍼灸整骨院での腱鞘炎に対する治療法

まずは、炎症を抑えるための治療として、ハイボルト治療マニュアルセラピーにより、痛みを抑えることを目的とした治療を行います。

日常生活や仕事でも痛みがある場合にはテーピングサポーターを装着することで患部の負担が軽減します。

徐々に痛みが軽減してきたら、腱鞘炎の原因となっている、指以外の部位の治療も同時に行うことで、さらなる回復の促進と、再発の防止が期待できます。

痛みを我慢せずにお早めにアーク鍼灸整骨院に起こし下さい。