自律神経失調症

  • めまい、立ちくらみ、動悸がする
  • 眠りが浅く、日中にボーッとしてしまう
  • 季節の変わり目に体調が悪くなりやすい
  • 便秘や生理不順、全身の冷え、食欲がない
  • イライラする、怒りっぽくなった

自律神経失調症の症状は?

自律神経は、24時間休まずに呼吸器、消化器、循環器などを調整するために働き続けています。また、意識して働かせる神経ではなく無意識に反応する神経であり、生命維持活動に欠かせないものです。

「自律神経失調症」とは、体が活動している時に活発になる交感神経と、安静時に活発になる副交感神経のバランスが崩れてしまった状態をいい、体に様々な症状が現れます。

 

身体的な症状としては、体がだるい、疲れが取れない、頭痛、動悸、息切れ、夜眠れない、お腹の調子が悪くなる、耳鳴り、めまい、しびれ、のどの不快感などがあります。

精神的な症状としては、イライラしてしまう、不安な気持ちが続く、疎外感、元気が出ない、やる気が出ない、憂鬱、感情の浮き沈みが激しい、あせりがちになるなどがあります。不調の男性

 

自律神経失調症の原因って?

■ストレス

人間関係での悩みなどからくる「対人関係のストレス」、仕事や社会生活からくる「社会的ストレス」、自分自身を取り巻く状況や環境などからくる「個人的ストレス」など多くのストレス要因があり、ストレスが大きかったり、重なったりすることで自律神経失調症になってしまうと考えられています。

■生活習慣など

「体に良くない生活習慣」や「生活リズムの乱れ」も自律神経失調症の原因と考えらていれます。夜遅くまで起きている、夜勤などの理由で夜型の生活を送っている、不規則な食事、バランスの悪い食事、運動不足などです。

■環境の変化など

環境の変化が体に与える影響も大きく、転職などによる「社会環境の変化」、引っ越しや結婚・出産などによる「家庭環境の変化」、また季節の変わり目などの「自然環境の変化」も自律神経に影響をあたえるといわれています。

■姿勢の乱れなど

姿勢が悪くなると、身体の土台である骨盤を支えている仙腸関節や、頭を支える頸椎や後頭骨がずれてしまいます。仙腸関節を支える仙骨からは、自律神経の「副交感神経」がでており、この副交感神経が歪んでしまうせいで、心身をリラックスさせる働きが鈍くなってしまうのです。

また、頸椎や後頭骨には、自律神経の「交感神経」が通っています。腰への施術頸椎が歪んでしまうせいで交感神経が乱れると、仕事や趣味や家事など、活発に動くための神経の働きが鈍くなり、そんなにハードに動いていないのに、日中でもボーッとしてしまったり、常にだるい、という状態が続きます。

 

アーク鍼灸整骨院の自律神経失調症の治療について

当整骨院では、多面的な検査を行い、不調の原因を特定します。

不調の原因をしっかりと特定した上でダイレクトにアプローチする『マニュアルセラピー』と『鍼灸治療』が効果的です。

特に鍼灸治療は、体内で自動的に働いている自律神経を外部からコントロールすることで自律神経のバランスを整え、心身ともにリラックスさせる効果があります。

やる気が出ない、イライラしやすい、全身への不快感、このようなお悩みがある方はぜひ一度アーク鍼灸整骨院へご相談ください。