脊柱管狭窄症

腰痛の女性

  • 歩いてると足が痛い・しびれる
  • 長い距離を歩けない
  • 病院で手術を勧められた
  • 朝起きたときに足に痺れがある
  • 腰を後ろに反らすと痛みや痺れが強くなる

脊柱管狭窄症の原因って何?

背骨(脊椎)にある「脊柱管」と呼ばれる、脊髄の神経が通る管を取り囲む組織が、何らかの原因によって狭窄(狭くなる)することで起こる整形外科的な疾患をいいます。

50代から増加し、60~70代の方々に多く見られる疾患です。高齢者の10人に1人は腰部脊柱管狭窄症であり、推定患者数は約580万人と言われています。

 

 

脊柱管狭窄症の症状は?

最大の特徴は「長い距離を歩くことができない」ことです。

一定の距離を歩くと、休息し、また歩くという「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」がみられます。

腰部脊柱管狭窄症には腰痛はあまり強くなく、安静時にはほとんど痛みはありません。背筋を伸ばしたりすると、太ももからひざ下にかけて痛みやしびれが出ることがあります。

症状が進行すると、足の力が抜けたり、尿の出が悪くなるなどの症状が現れます。

脊柱管狭窄症の原因は

加齢や仕事による負担や腰の疾患が原因で背骨が変形することで脊柱管が狭くなります。その結果、脊柱管の中の神経や血管が圧迫され血流が低下し、腰部や足の痛み、しびれなどの症状が現れます。

 

アーク鍼灸整骨院での脊柱管狭窄症の治療について

腰痛や足の痛み、しびれに対しては「ハイボルト(電気治療)」で深部の筋や関節にアプローチすることで血流を改善し痛みを軽減することが期待できます。

また、鍼灸治療でも筋の緊張を緩和し血流改善を図ることができます。

腰部の負担を軽減するために、EMSトレーニングも効果があります。当院では通常のEMSマシンの2500倍の出力がある、国内唯一のEMSマシンを用いたトレーニングを行うことができます。

何かお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。