梨状筋症候群

しびれ

  • おしりの外側あたりに痛みがある
  • 太ももの後面にかけてしびれがでる
  • 長く座っているとしびれや痛みが強くなる
  • 反り腰だとよく言われる
  • 病院での画像診断では原因が分からなかった

梨状筋症候群ってどんな症状?

腰から太ももにかけて伸びている「坐骨神経(ざこつしんけい)」は、骨盤内にある「梨状筋(りじょうきん)」の下を通過します。

この梨状筋が何らかの原因により硬くなり、坐骨神経を圧迫して痛みやしびれなどが出現するものをいいます。

 

梨状筋症候群の症状

坐骨神経の圧迫により、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)が発症します。

そのため、お尻から太ももの裏側にかけた痛みやしびれ、動かしずらさなど、様々な症状が出現します。

梨状筋症候群の原因

 

梨状筋は複雑な股関節の動き(回旋運動)に関与している筋肉であり、ゴルフや野球など体を捻る動作の多いスポーツや、中腰での草むしりなどの肉体労働、長時間のデスクワークや長距離の運転などによるオーバーユース(使いすぎによって、筋肉の柔軟性がなくなることで坐骨神経を圧迫します。

また、股関節の異常や人工股関節の使用に伴う障害でも、梨状筋症候群を引き起こすことがあります。

 

梨状筋症候群はアーク鍼灸整骨院にお任せ!

梨状筋症候群は放っておくと筋力の低下や筋萎縮を招く可能性もあるので         早期の治療をオススメ致します。

ステップ1

早期の疼痛の緩和を図ります。治療内容は痛みの軽減に効果のある「ハイボルト電気治療」や「鍼灸治療」や、全身の筋と骨格を調整する「マニュアルセラピー」を行います。

身体にとって、とても優しい施術法で硬くなってしまった筋肉、関節を適正な位置に戻し、正常に動かせるよう調節していきます。

まずは、痛みがどの程度なのか、本人も気が付いていないところに原因があるかもしれないので、カウンセリングと検査をしっかり行います。

ステップ2

痛みが軽減してきたら、より回復が早くなるように腰をサポートする筋の強化を行います。いきなり激しい運動は身体への負担が強いので、当院ではEMS治療器を用いてインナーマッスルの強化を行っています。

ステップ3

痛みが取れた後に再発予防として、定期的にメンテナンスを行います。主にマニュアルセラピーで全身の筋肉と骨格のバランスを整えます。